新しい資本主義と企業/暮らしのイノベーション
  • 新しい資本主義と企業/暮らしのイノベーション

    資本経済と市場/知の転換

    山本哲士 著
    2022年2月20日発売
    ISBN 978-4-910131-27-6

     

     

    「資本主義」概念を転移しないことには、イノベーションはありえない。労働のフレキシビリティを改善しようが、<資本ー労働>に分節化されたままである限り、顧客のためにさえ、労働制約が増すばかりである。社会的労働編成のままである限り、賃金給与も上がらない。「労働力能」とは、働く者の「資本」である。

    ​マルクスは<労働>を本質概念にしてしまった。しかし、経済的なものの存在の本質は<資本>である。「要綱」を踏まえ、剰余価値学説史を踏まえ、資本論の勇足に潜む本質にたち、組織マネジメントのまま滞留する日本企業のイノベーションを、ガイドする。

    • 書籍内容

      新しい資本主義と資本経済イノベーションとは?

      Ⅰ イノベーション・マネジメントの鳥瞰と本質指針
        0 マネジメントのイノベーション
        1 市場のイノベーション
        2 商品のイノベーション
        3 組織・ワークのイノベーション
        4 顧客・消費者のイノベーションは場所の生活者の
          パブリック・イノベーション
        5 世界のイノベーション

       企業存在の本質からのイノベーション

      Ⅱ イノベーションを妨げるもの:組織マネジメントから脱すること
        ・三つの試練    
        ・組織マネジメント:フォローワークシップ論の擬制
        ・イノベーションを阻害する条件・構造と三つの組織
                              マネジメント
        ・組織マネジメントの限界
        ・組織イノベーションによる労働制約の強化
         :労働形態と生産組織の現実変容
        ・労働時間と生産時間の分離:労働転移のイノベーション契機
        ・トライアングル(三角形) 階層系構造の企業体の病症状
        
      Ⅲ イノベーションへ向けての基礎となる知的資本
        一 ダイナミックな世界の大転換
        二 学問体系と転移と認識の概念スキーム転換:知的資本の地盤   三 知的資本の自己技術のため
        四 混同してはならない、目標・目的
        五 近代概念は普遍ではない
          :「社会」は近代でつくられたにすぎない 

      Ⅳ 企業活動の総体とイノベーション

        ・コーポレートガバナンスのイノベーション
        ・企業環境と企業デザイン
        ・イノベーション・キャピタリアンへのプロセス
        ・資本者企業へのイノベーション
        ・知的資本と情緒資本の相互性からの検証
          ボトムアップ&side to sideイノベーション
        ・経営基盤の資本関係マネジメント
        ・個人のライフスタイル 

      終章 イノベーションとentrepreneurship

       

    ¥1,430価格