大震災・原発事故からの復活

大震災・原発事故からの復活

「​楢葉郷農家の10年」の場所

 

琴寄政人 著

2021年12月20日発売

ISBN 978-4-910131-23-8

 

 

「生きていてよかった。」それは、場所が生み出すもの。

そこで人は苦難に立ち向かい暮らし、笑顔をとりもどす。

震災・原発事故から二週間が過ぎて、福島にお邪魔し始めた。その中で徐々に感じるようになったことは、被曝や放射能のことではなかった。活動場所は、いわきの海岸から避難所に、そして仮設住宅へと移った。活動内容は瓦礫処理だったのが、被災者からの「ニーズ聴き取り」へと移った。

そこでもちろん、原発事故が生んだ苦しみや、互いに憎しみあう心を知ることになった。しかし同時に、揺るぎない人たちがいることも、少しずつ分かっていった。その人たちは、「なりわい(生業)」というものを身に着けていた。そこで、「なりわい」と「仕事」というものの違いを、初めて知ることとなった。力強い言葉と、緩やかではあっても確かな歩みには、「土のにおい」がした。愛した場所がまたやって来るという感慨がある、また、昔の元気を取り戻そうという場所がある。この場所を愛する人たちの力強い営みを感じる。

 

  • 書籍内容

    2021年

     

    2011・2012年

     「自営農業に失業手当は出ないよ」
      いちいち突き刺さる言葉
      事故前の相場
      災害関連死
     「最終処分」/帰還の可不可
      元通りの生活

     

    2013年
     「きのこや魚を食べた方がいい」は間違い?
      楢葉町の思い
      ① 搾った乳を買ってくれるかな
      ② 食べた証拠
         ☆川内村の補償金☆
      二年五カ月後の『福島民友』
      ① 鋭い動き
      ② 賠償認定
      楢葉の明日/広野の顔と声
      ① 機会の精密化
      ② 広野の米・賠償相談
      ③ 農家と農地

     

    2014年
      町会議員リコール
      風評被害
      貯蔵施設、建設中止
     「グロテスク」な葛藤
      浪江の気持ち
      後遺症
      ①「心臓疾患」
      ②「美味しんぼ」
    『新しい仕事』
      去るもの/戻るもの
      天神岬

     

    2015年
      3・11を話す、おばちゃん
      セシウムが消える?
      五年後を迎えて
      ①「県内版」政府事故調
      ②「南相馬世界会議」
      楢葉帰還への道
      職務質問
      牛舎
      不審者!
      売り言葉、売り物
      ① わだかまり・いわき
      ② 広野の末
      ③ 風評被害・ゆず

    2016年
     「出てけ」
     「オレは自由人だ」
      コシヒカリ
      警戒区域の牛、そして困難
      楢葉の涙~仲村トオルの暑中見舞い~
      帰還から一年
      ① 帰還率
      ② 爆発音
      ③ 甲状腺ガン
      母屋の解体
      弁当のレシート

    2017年
      楢葉蛭田牧場
      ① 捨てるために搾ってた
      ② 世界初とか言ってくれるんだけどねぇ
      ③ カメラも連れて来ねえし
      七回目の3・11
      開運招福しま ~楢葉の春~
     総理がやって来た
     「家族は137人」
     「風化」「風評」ではなく
         おばあちゃんの話 大熊町
        「これしかできねえんだよ」

     

    2018年
      国道114号線
     「はつ」と「つくし」
      ① 子牛誕生
      ② お金を使わなかったわけ
      ③ 「そのためにやってんだ!」
      母屋の完成を前に
      ① デマ?真実?
      ② 「気兼ねなくていいよ」
      暮れ~出産

     

    2019年
      農業の明日
      ① 新居
      ②「下町ロケット」
      ③ 牛乳生産のシステム
    「生活基盤」ができて
      ① ためらう帰還
      ② 牛の値段
      ③ 堤防決壊

     

    2020年
      コロナ
      楢葉という「場所」
      空襲より大変だ
      農家への影響
      十度目の師走
      ① 思いがけない仕打ち/牛の場合
      ② 思いがけない仕打ち/人の場合
      ③ まんざらでもない
      別な時間と空

     

      刊行に寄せて  渡部 昇

     

¥1,300価格